FC2ブログ
おとなの社会科

八十八夜の茶葉で手揉み茶を!

焙炉で狭山手揉み茶体験

 

 「おとなの社会科」で、626日(金)10:00~16:00上北台公民館304号室で、市内のお茶の杉本園さん指導で「八十八夜の茶葉で手揉み茶を!」を体験しました。

 

 材料の新茶は八十八夜の5月連休頃、一芯三葉を摘む。これを30秒蒸し発酵を止め、綺麗な緑色を保持します。この後、手揉みし製茶しますが5月は杉本園さんが製茶の書き入れ時で忙しいため、講座を6月にして4Kg程冷凍保存しておいてくれました。

 

50新焙炉400  

新しい焙炉と杉本さん・スタッフさん

 

1c手揉み茶前半  

焙炉にいっぱいあった茶葉も、水分がとび量も少なく

 

手揉み茶の行程

1.摘む                     2.蒸す

3.焙炉に蒟蒻糊を塗り茶葉の付着を防ぐ

4.葉を広げる             5.葉ぶるい

6.ころがす                7.軽回転       

8.重回転                   9.玉とき

10.茶葉を箕に入れておき、焙炉の汚れを拭き蒟蒻糊を塗る

午後

11.ふりもみ             12.でんぐり

13.こくり               14.乾燥

 

1d手揉み茶後半  

午後になると手揉み茶特有の針状に

[2015/07/13 15:43 ] | 雑学公開講座 | コメント(1)
<<「東大和市の街並みの歴史」講座 その1 | ホーム | 「東京狭山茶」の手もみ製茶体験>>
コメント
素晴らしい、詳細な報告記事。パラパラ写真も入れて。まったく、ブログのお手本です。これから、たびたび、このページを引用させていただきます。
いい、お茶づくりの教科書ができました!
[2015/07/14 09:32] | URL | Mumbler #vPCFZUnY [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |